View this post on Instagram

春を待つ森  ワークショップ手のひらサイズの 春を待つ小さな森 ワークショップのサンプルです。 仕入れにより、花の色花材が変更になる場合があります。ご了承ください。 来週の日曜日開催です。  ご予約はお早めに。 森の中の木漏れ日のもと春を待つ植物が息吹く 朽ち木や流木、陶器などに苔、花、球根、ハーブなどの植物を使い、その様を表現します。 今回"はなきとは"中村幹子さんをお招きし、植物の展示販売とワークショップを開催いたします。 ワークショップでは手のひらサイズの"春を待つ小さな森"を作り、お持ち帰りいただけます。 また、スウェーデン民俗音楽バイオリン奏者の髙垣さおりさんとLiricaさんによる 森をイメージした音楽 を聴きながら、ゆっくりとお茶とお菓子の時間"fika"を楽しみましょう。 当日は生け込みや展示の際に使用しているpoeriiさんの器も販売いたします。 皆さま楽しみにお越しください。 2/24 sun open 10:00 – close 16:30 1部 10:30 – ワークショップ  11:30 – Maker ランチ  12:30 – “fika” スウェーデンの民俗音楽とお菓子 13:30 – 演奏終了 2部 14:00 – ワークショップ  15:00 – “fika” スウェーデンの民俗音楽とお菓子  16:00 – 演奏終了 定員 10名程度 金額 1部(ランチ付)6000円/2部5000円 場所 Maker ※要予約。 ご予約はMaker 又は はなきとは まで ※展示のみのご鑑賞も可能です。予約なしでお越しください。 ※ワークショップのみ、又は”fika”音楽とお菓子のみのご利用ご希望のお客様は 別途お問合せ下さい。 ※開催中Makerのお食事はご利用頂けません。ご了承ください。 中村幹子 はなきとは主宰。 花とは樹とは自らに問いかけながら 永久にあってほしいとの想いから 花や樹にまつわる仕事をしています 京都市在住 髙垣さおり 演奏は緑とすべての生き物のために 2018秋、初CD「森 Skogen」 京都市在住 Lirica スウェーデン各地の名手に伝統音楽を学ぶ 今回はニッケルハルパを演奏 12本の共鳴弦が誘う時を超えたメロディの花束を 京都市在住 山川恵理 poerii 日々の暮らしになじむシンプルな器を製作 伊勢市在住 Maker 自然派ワインと有機野菜とスパイス、ハーブの料理店 京都西院で60年前の元質屋をセルフリノベーション 蔵にてアンティークショップ・不定期ギャラリーも開催 吉岡 慶 / Kei Yoshioka 6150021 京都市右京区西院三蔵町49 t 0759500081 m 09097024318 www.makerkyoto.com #Lirica #ニッケルハルパ

はなきとはさん(@hanakitoha)がシェアした投稿 –

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です